潰瘍性大腸炎の原因&治療方法|手術は名医で左右します

ドクター

いち早く症状に気づこう

聴診器

人間の身体には、胆管という臓器があります。この胆管は胆汁を肝臓から十二指腸まで運ぶ重要な役割をしています。この部分ががんになってしまうと胆管がんと呼ばれます。胆管の上皮にある粘膜から発生する悪性腫瘍で、浸潤しやすいタイプです。
肝外胆管がんや遠位胆管がん、肝内胆管がんの3種類あり、それぞれできる場所が異なります。

症状は黄疸や白色便、黄疸尿やかゆみ、腹痛など複数あります。黄疸は胆管内が狭くなり、胆汁の流れが悪くなることで起こる症状です。狭くなると胆汁が逆流して血管の中に入ります。ビリルビン濃度が高くなり目や皮膚の白色の部分が黄色くなってしまうのです。
黄疸ではなかなか異変に気づく方はいませんが、便の色が白っぽくなることで異変に気づく方は多いです。通常の便の色は茶色のため、明らかに違うということが分かるでしょう。便に異変を感じた場合はすぐに医療機関で診察をしてもらった方が良いです。
他にも胆管がんになると体重減少や発熱、食欲不振など、他のがんでも起こるような症状が表れます。

胆管がんは高齢になるほど罹患率や死亡率が高くなると言われています。高齢でなった場合はなるべく早く治療を受けた方が良いということが分かるでしょう。初期段階で手術をすると治癒する可能性も高く、5年生存率も上がります。発見が遅れると治療できない状態になってしまう可能性があるので、胆管がんを未然に防ぐためにも定期検診を受けるようにしておきましょう。