潰瘍性大腸炎の原因&治療方法|手術は名医で左右します

ドクター

食生活に注意しよう

お腹を触る男性

日本人は胃がんで死亡する人が多いほど、罹患率が高いです。胃がんになる原因は食生活や生活習慣が関係しています。近頃の日本の食事は欧米化してきており、ファストフードを食べることが多くなってきました。それ以外にパスタやピザなど高カロリーな食事も摂取しています。野菜の摂取量が軽減していることが、胃がんのリスクを高めているのです。また、辛味が強い食べ物も食べるので胃が傷つき、その部分からがんが発生しやすくなっています。食生活が乱れている方は、今一度、食事を見直す必要があるでしょう。

胃がんには早期胃がんと進行胃がんの2種類あります。早期胃がんは初期段階のがんのことを言い、進行胃がんはその名の通り進行しているがんのことを言います。ステージが進むにつれて浸潤しやすく、隣の臓器に転移してしまう場合もあるのです。また、血液の流れに乗って全身に転移する可能性もあります。早期発見がいかに大事かということが分かるでしょう。

もしも、胃がんになってしまった場合は治療をしなければなりません。あらゆる治療方法があるのですが、その中でもNK細胞療法に関心を示している人が増えています。NK細胞療法は免疫療法の一種で、がん細胞だけを排除する治療です。問題のない正常な細胞にはなるべく攻撃をしないので、副作用が少ないという利点があります。身体的負担の軽減になるため、この治療方法は注目を集めているのです。NK細胞療法は今後も期待されている治療方法です。