潰瘍性大腸炎の原因&治療方法|手術は名医で左右します

ドクター

副作用が緩和する治療法

カウンセリング

内科的療法や外科的療法、化学療法などがんには基本的な治療方法が3つあります。その中でも内科的治療や化学療法では抗がん剤を使用するのですが、副作用が辛いと感じる人は非常に多いです。脱毛や好血球の減少など様々な症状で悩むでしょう。しかし、近年は新しい治療方法が誕生してきているので、副作用の少ない治療が可能となってきました。その治療方法が免疫療法です。自分の免疫でがん細胞を攻撃します。
抗がん剤は薬を投与することで、がん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃をします。そのため、きつい副作用の症状が表れるのです。しかし、免疫療法は抗がん剤とは違って、がん細胞だけにしか攻撃をしない仕組みとなっています。ですから、がん治療特有の副作用を緩和させられるのです。

免疫療法は手術や放射線療法、化学療法などの様々な治療方法と組み合わせることが可能です。組み合わせることで相乗効果を得られるので、がん治療をスムーズに進めることもできるでしょう。身体への負担が少ないことから、今、数多くのがん患者から注目を浴びています。がん治療として活躍してくれる免疫療法ですが、再発予防として利用することも可能です。がん細胞が少しでも残ってしまうと再発のリスクが非常に高くなります。手術後の再発予防治療のひとつとして、この免疫療法を使うことで免疫を低下させることなく再発予防ができます。生存率が高くなるというデータもあり、今後のがん治療には欠かせないでしょう。