潰瘍性大腸炎の原因&治療方法|悪化させてはいけない

先生

副作用が緩和する治療法

カウンセリング

近頃のがん治療は免疫療法を利用することが多くなってきました。自分の血液から細胞を採取して新たに投与することで、がん細胞だけを狙って攻撃できるのです。副作用が少ないという点が特徴的です。

もっと読む

いち早く症状に気づこう

聴診器

胆管がんになると黄疸ができたり、便が白色になったりします。このような症状に気づいた場合はなるべく早めに医療機関を受診した方が良いでしょう。罹患率が高い高齢者は定期検診が欠かせません。

もっと読む

早期発見が最重要

お腹を押さえる女性

遺伝や環境、免疫反応などが原因で潰瘍性大腸炎は引き起こされると言われています。30歳以下の成人が多いですが、小児や50歳以上の方でも発症する可能性はあります。男女差はなく、男性も女性も発症するリスクがあるので注意しましょう。
まず初めの症状として見られるのが、柔らかい便です。そして、次第に便に血液が混じり、腹痛は排便の回数が増えます。さらに症状が重くなると発熱や体重減少、貧血など全身に症状が起こります。また、合併症を患うこともあり、皮膚病変や関節痛、眼病変に子どもは成長障害までも起こしてしまい、重篤化してしまうのです。症状に気づかずそのままの状態にしてしまうと大変危険ですので、初期症状のうちに病院へ行くことが潰瘍性大腸炎を治すカギとなります。

潰瘍性大腸炎の治療方法は基本的に、内科的治療が優先です。軽症から中等症の場合は薬剤が投与されます。しかし、薬剤での改善が見られない場合は、外科的治療に移ります。大腸を全摘出したり、結腸と直腸を摘出したりするので体にとって大きな負担となるでしょう。少しでも治療の負担を軽減させるためには、早めに病を見つけてすぐに治療を開始することが望ましいです。
漢方薬で体質改善をして症状を緩和させることも重要です。漢方は自然療法に入り、病院でも処方してもらうことが可能です。清熱解毒という作用があり、熱を冷ましたり、毒を排出してくれたりする働きがあります。潰瘍性大腸炎にならない身体にするためにも、漢方は必要です。

食生活に注意しよう

お腹を触る男性

食生活の乱れが原因で胃がんになるリスクが高まっています。予防のために食生活を改善するようにしましょう。胃がんになった場合は、転移しないようにするために早期発見をしましょう。NK細胞療法などで治療可能です。

もっと読む